できるかなファイナルファンタジーでタグ 黒魔道士 が指定されているエントリー

北の橋のむこう

さて、またしても勘違いが発覚した。うろ覚えで「大地のめぐみの洞窟」とよんでいた洞窟っぽいものは、実はほこらであった。ガーランド討伐後、何か変化がないか、大地のめぐみのほこらに行ったところこの事実が判明した。何の変化も起こっておらず、相変わらず腐った土の臭いが漂うのみであったが、名前の間違いに気づけたのでよしとしよう。 そんな風に無駄足を慰めつつ、ガーランドなきカオス神殿にも顔を出してみる。あの変な水晶玉と石版には何かあるに違いない。 「闇のクリスタルは不気味に輝いている…」 あの水晶玉は闇のクリスタルというものらしい。クリスタルといえば4人の光の戦士たちも持っているではないか。ガーランドが闇のクリスタルを持っていた。ということは、この作品内でクリスタルは何かを暗示するものなのかもしれない。闇のクリスタルがどんな意味を持つのかまだわからないが、この部屋からは何もわからなかった。石版は調べられないし、5体いるこうもりは総じて「キィキィ…キィキィ…」鳴いてるだけだ。一体くらい「ぼくは悪いこうもりじゃないよ、キィキィ」といってくれてもいいのに。 特に何の有益な情報も得られず、コーネリア北の橋を渡ることになった。ガーランド討伐後の寄り道はする必要は特にないというのが結論である。さて、コーネリア領がどこまで続くかわからないが、北の大地への唯一の連絡手段である橋が落ちたままになっていたということは、この橋を渡ると別の国になるのだろうか?特に門番がいるわけでもなさそうだし、国境線という観念がそもそもないのかもしれない。大工たちが橋を修理するシーンが挿入されていたくらいだから、橋を渡るときには町中のように中マップ画面になるかもしれない。そんな風に思いながら橋の中腹まで進むと突然壮大な一枚絵が画面に現れた。テロップが流れて、光の戦士であることを自覚させるような言葉が続く。伝説の勇者たる戦士・エフエフらがきばらないと、世界はやばいらしい。責任重大である。コーネリア王国のっとり計画は世界が平和になった後に実行せねばなるまい。しかし、世界が平和になると戦士たちは政治の末席においやられるのが常である。伝説の勇者ともなると民衆からの支持が強すぎて、元老院や領主から危険視されること請け合いである。英雄が暗殺されたという数々の過去の事実が戦士・エフエフにのしかかる。はたして本当に世界を平和にしてしまっていいのだろうか?ひょっとしたらモンスターの勢力と人間の勢力とが拮抗しているぐらいが、戦士・エフエフにとっては住みよい世界なのかもしれない。こんな腹黒戦士・エフエフですいません、下々の民よ。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「黒魔道士」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: