できるかなファイナルファンタジーでタグ 海底神殿 が指定されているエントリー

イカ焼きが食べたい

さて、海底神殿探索後編です。まだ何一つ見つけていませんが、もう後編です。見つけたのは宝箱とオモシロモンスター「ウォーター」だけでした。なんか、海底神殿は階段昇降が多くて、イマイチ全体像が描けないのです。それで同じところを何度か行き来するハメになってしまったりして、思うように進めませんでした。 と、適当に進んでいると見慣れた感じの部屋がついに見つかりました。あの青い丸い物体こそが水のカオスに相違ありません。話しかけてみると、なんどか奇妙な台詞回し・・・こっ、これはカタカナ語使いの方でしたか。カタカナ語とは漫画でよく外人がしゃべっているエセ日本語のことでアリマース。フォフォフォなんて笑い方がまたイカしてます。 どうりでイカしてると思ったらイカ・・・(以下略)お名前は「クラーケン」さんだそうです。へぇ、クラーケンっていうと私は聖闘士星矢的に海将軍(ジェネラル)のクラーケンの姿を思い浮かべるので、巨大なエイかと思ってましたが、Wikipedia先生によるとイカやタコが代表的らしいですね。あぁ、そういえばドラクエにも大王イカみたいなルックスの「クラーゴン」って敵がいたっけ。こいつ3回攻撃とかしてくる嫌な敵でした。HPも高くてねぇ。おそらく「クラーケン」が名前の由来だと思いますので、水のカオスも同族と考えていいでしょう。足がいっぱいあるので、複数回攻撃なんかも普通にしてきそうです。 それにしても、こいつカタカナ語で何かいってますよ。 クラーケン「ミズノ カオス クラーケンニ スイチュウデ カナウト オモッテカ・・・」 「思ってか」ってちょっと日本語変じゃないですか?慣れない日本語に相当戸惑っている様子。「オモッテイルノカ」あるいは「オモッタカ」の方がしっくりきます。気を使わないでも、こちらには語学堪能なナイト・エフエフがいますから、人魚語あたりで話してくれれば意思の疎通は可能ですよ。下手したら、カオス語なんてのも聞き取るぐらいする男ですよ。 そして、一番ツッコミたいのは「水中で」の部分です。クラーケンよ。確かに水中では自在に移動が可能なお前に地の利があるかもしれん。しかし、周りをよく見てみる事だな。貴様のいる場所は、空気の充満した「陸」だ! クラーケン「!!?」 今、「しまった」って感じの顔になりましたよ、ゲソ野郎が。心理的に優位に立ったところで戦闘開始です。...

金銀ダイヤの海底神殿

ドラクエモンスターズJOKERですが、昨日やっとアロマGPの開催に漕ぎ付けました。まだ、連れているモンスターはそんなに強くないのですが、シナリオを進めるために無理やりガルマッゾを捩じ伏せた感じです。自分のパーティーを高めてWi-Fi通信で全国の人を捩じ伏せたいという欲求はないので、あとはアロマGPを制して、ライブラリを埋めたらこのゲームも卒業です。でも、DSステーションでしか配信していないモンスターがいたりして・・・いい年して子供に混じってすれ違い通信をする度胸が私にあるかどうか。レオパルド、ラティス、トロデ・・・GETできるかな。あぁ、あとガルマッゾ作成にもう一人キャプテンクロウが必要なんだっけか。辛いなぁ。誰か交換してくれないかなぁ。ついつい安易にセーブデータ書き換えを連想してしまうのは職業病でしょうか。 そういえば、昨日Wi-Fi通信でJOKER GPに参加したら、1位が「はやくたいさくしろ」チームになってました。どうやら、データ書き換えでありえないような最強チームを作っている人がGP上位にいらっしゃるとのことで、サーバ側でのチェック体制を非難しているということらしいです。まぁ、GP順位が60000位くらいの私にはどうでもいいことですけど。 のっけからドラクエ関連の話で失礼しました。以下、FFの話です。 クラスチェンジしてからまだ一度も戦闘シーンの写真を撮っていなかったなぁ、と思って一枚パシャリとやってみました。どうですか、4人の勇姿は。ウィルムとかいうドラゴンっぽい生物相手に立派に戦っております。忍者にクラスチェンジしたロマサガは、シーフの頃と比べて頭巾を被ってしまったので、気持ち影が薄くなりました。忍びの者ですから当然目立っちゃいけませんってことなんでしょう。変わりに頭巾を脱いだのが白魔道士のクロノです。栗色の髪にロンゲのいい男風なイメージです。露出を上げて男前度でシーフを抜き去りました。ナイト・エフエフはペガサスの聖衣をまとって流星拳でも繰り出しそうな衣装になりました。一番大きな変化はやはり頭部のアクセサリーでしょう。壊れた場合はオリハルコンを持参して、ムウに一から彫りだしてもらわないといけません。聖闘士の血液も大量に必要になるので、紫龍あたりにお願いしましょう。銀星砂(スターダストサンド)にガマニオンも必要になりますね。 黒魔道士については・・・特になし。 さて、前回妖精から空気の水を頂戴した一行は、オンラクの町に戻って、潜水艦を作ろうとしていた人の元に向かいました。以前話しかけたときには、「なんとか潜って海底の人魚を救ってやろうと頑張っているけど、空気の水がない限りダメなのよ。絶望なのよ。」と悲嘆にくれていたアップでロングな髪の女子ですが・・・ 空気の水を持っているとわかるやいなやこの調子です。「ずっとあなた方を待っていました。」って私とあなたは初対面じゃないんですよ。何度となく潜水艦の調子を確かめにあなたとはお話したのですが、お忘れか!?あなたが待っていたのはナイト・エフエフではなく「空気の水」でしょう。全く現金にもほどがありますよ。この女性の視線はナイト・エフエフの顔を通り越して、手に握り締められた空気の水に注がれています。失礼千万な態度に怒りを表明しようとしたら、この女性。フラフラと空の方へフェイドアウトしてしまいました!?何と、幽霊さんでしたか?よくわからないけど、幽霊の身でありながら潜水艦の整備に余念がなく、海底の人魚を救おうとしていただなんて、一体全体どういうことでしょうか?ナイト・エフエフに対する無礼の数々も幽霊の身ゆえの余裕のなさと考えれば怒るわけにもいきません。慈善家です。体を張った慈善家の人です。死んでもなお絶滅保護種の人魚のことが気になって・・・あなたの意思、確かに汲み取りました。このナイト・エフエフ、必ずしや水のカオスを倒し、海底世界にも平和を取り戻してみせましょう。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「海底神殿」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: