できるかなファイナルファンタジーでタグ 古代の民の迷宮 が指定されているエントリー

古代のクローン技術v

土のクリスタル奪還のためにティターンとの再戦に挑むルーネス一行は、鈍足船インビンシブルに乗って再度シルクスの塔にやってきました。この塔は古代の民の迷宮に囲まれているので、まずそちらを攻略する必要があります。前回は一直線に進んでいってすぐに土のクリスタルに到達してしまいましたが、きっと迷宮というくらいですので、内部はもっと複雑にできていて、宝箱なんかも置いてあるんじゃないでしょうか。ティターン戦の前に最後の強化策のつもりで迷宮内部の宝箱回収作業を開始します。...

クリスタル主義

あけまして、新年です。2015年中にルーネスたちの冒険も完結させたいなという願いを込めて、彼らの足跡をおいかけていきたいと思います。おそろしいことにFF3のソフトを購入したのがこのブログの記録によると2008年7月頃のようです。6年半もの年月をかけて、壮大なファンタジーが紡がれたかと思うと感無量です。単に空白期間が長かっただけなんですけどね。身内の健康上の理由なので、更新が滞ったことについてはご容赦いただきたいです。(ペコリ)6年半も経つと当初の設定とかいろいろと忘れてしまうこともあり、イングズの最後に濁点がつくかどうかについては何度も確認していました。あと、レフィアの名前が4人の中で一番印象が薄くて忘れかけることが何度かありました。アルクゥはなんかすっと頭に入ってきたんですけどね。あとトパパ村長の名前も決して忘れることはなかったんですが、なんかレフィアは響きがきれいすぎて音が記憶に残らなかったです。これが「レフィ子」だったらインパクトがバッチリで忘れがたかったと思います。 さて、ウネとドーガの遺志を汲んでザンデを止めるべくその居城・シルクスの塔に向かうルーネス一行ですが、行く手を遮る4体の巨像を破壊するために一度ノーチラス号から降りました。歩いて対になって配置されている巨像の間を通過すると、集めた4本の牙が順番に巨像を破壊していきます。1体、2体、3体・・・6体?7体?8体?私の数え間違いでなければ、左右に分かれていた巨像の数は合計8体でした。牙が4本不足するという危機感を覚えつつ恐る恐る歩みを進めてみると、無事に8体すべての巨像が崩れ落ちました。どうやらこの巨像は左右の二体で一身という計算だったようです。仁王門の金剛力士像のごとくこれまで通行者を睨み付けてきたのでしょうね。しかし、外界からの侵入者を全て排除してしまうとシルクスの塔への物流が全てストップしてしまいます。なんらかの通行方法もきっとあったのでしょうね。残念ながらルーネスたちのジョブに「スパイ」がないので、隠密行動でシルクスの塔には忍び込めませんでしたが、まぁ、巨大な建造物が崩れ落ちるシーンがあった方が絵的に派手でいいかもしれません。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「古代の民の迷宮」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: