できるかなファイナルファンタジーでタグ ラブストーリー が指定されているエントリー

セーラ姫、気もそぞろ

さて、ガーランド討伐を果たしたせんし・エフエフ一行ですが、討伐後速攻でセーラ姫にお城へと誘われてしまいました。えっと、言いにくいんだけど、姫様・・・姫様の後にあった水晶玉と石版が気になるので、もうちょっとこの場に残るわけにはいかないでしょうか? 有無も言わさず王様の前に連れ出された我々、光の勇者たち。そういえば、最近意識するようになったのですが、「伝説の○○」ではなく、「光の○○」とか呼ばれることが結構あるようです。何で「光の」なんて冠がついているのかよくわかりませんが、クリスタルを持っていることと何らかの因果関係があるのでしょうか。まぁ、そんな光のせんし・エフエフらは、王様からお褒めの言葉を頂戴いたします。 王様「やはりそなたらが光の4人の勇者に相違あるまい。」 どうやらこの王様、4人がクリスタルを見せた後、人を持ち上げるだけ持ち上げてガーランド討伐に向かわせておきながら、心の奥底ではまだ4人のことを「勇者じゃないかも」って疑っていたようです。それにしたってあのチンケなガーランドを倒したくらいで勇者認定してしまうのもいかがなものかと思ったり。ほんとガーランドにはガッカリだよっ。(スケバン恐子風に) 約束通り王国の北にかかっている橋は直してくれるとのことで、旅は続行できそうです。そんな約束に関する業務連絡のほかに王様から意味深な発言が・・・。 王様「セーラもおぬしらを気に入ったようじゃ。」 コーネリア王国、我が手中にあり!セーラ姫様はいたく4人の勇者(男子)を気に入られた模様です。誰が選ばれるにしても、文句は言いっ子なしです。まぁ、私の中でせんし・エフエフがリーダー格であるので、そちらとの交際から推し進めていきたいところです。せんし・エフエフにお熱なセーラ姫は旅の助けになるようにと「リュート」をくれました。リュートって楽器だっけ?どんな楽器か詳しく形態を思い出せませんが、確か弦楽器だったように思います。弓で弾くものか、爪で爪弾くものなのか後で調べてみよう。(今、調べろよ。) それにしても、「せんし・エフエフ」ってちょっと視認性悪いなぁと思う今日この頃です。GBAの表記に従ってみたものの、文章中では鍵括弧(「」)で括ったりしないとちょっと読みにくいですね。漢字で「戦士・エフエフ」としてみようかな。「シーフ・ロマサガ」はそのままですけどね。 王様、姫様と一通り話したので大臣にも声をかけてみることにしました。 大臣「情報は踊り子が・・・」 お前、まだそんなこと言ってるのかよ!いい加減に踊り子から離れろよ、と小一時間。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「ラブストーリー」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: