できるかなファイナルファンタジーでタグ ドラゴンの住む山 が指定されているエントリー

最後の封印モンスター

リバイアサンをきっかけにバハムート浮遊大陸に封印されていたことを思い出したルーネス一行は、かつてデッシュとであったドラゴンの住む山を目指します。それはさておき、せっかくリバイアサンを捕まえたのですからその威力を確認してみましょう。幻術師・レフィアの出番です。召喚魔法LV.7のリバイアを唱えると気泡とともにリバイアサンが召喚されます。その効果は「サイクロン」と「悪魔の瞳」です。サイクロンといえば、インド洋の方での熱帯低気圧の呼び名だと地理の授業で習いましたが、それより前にファミコン版キャプテン翼の翼くんの新必殺シュートということで名前だけは知っていました。今だとダイソンに代表されるサイクロン式掃除機などでその名を広めていると思われます。あの掃除機の中にリバイアサンをコンパクトに収納しているかと思うと、その技術力は筆舌に尽くしがたいものです。悪魔の瞳は対象モンスターを石化させる効果があるそうです。こういう状態異常を引き起こす技は成功率が低いので、なんか発動するとガッカリします。熟練度が上がったらマシになるんでしょうか。ドラクエにも「怪しい瞳」という瞳術がありますが、あちらは高確率で狙った相手を眠らせてくれます。ボスキャラが使ってきて、眠らされるとなかなか目が覚めないので、これをきっかけに全滅したことも何度か覚えがあります。...

ひなにくわれる

ドラゴンの住む山をハイキング中のルーネス一行は、体力的な心配が出てきたため、一度下山しようかどうか悩みだしました。この山には石化の恐怖もあります。しかし、手持ちの金の針も残すところ2~3本です。道具屋で30本ぐらい仕入れておかないとなんとなく不安です。この金の針がメッキなのか、純金なのかわかりませんが、確かショップで1本100ギルぐらいだったと思います。ポーションやどくけしと比較するとやや高価なアイテムなので、無駄遣いは禁物です。ただ、イングズの城働きからくる堅苦しい性格やアルクゥの社交的ではない石頭、レフィアの職人である父親譲りの頑固さなどの改善に積極的に利用していこうと思います。 さて、引き返そうかどうしようかウジウジとしているところ、切り立った断崖の上空に何かの影が突如現れました。鳥だ!飛行機だ!タケちゃんマンだ!いや、これはこの山に巣くうドラゴンさんに間違いありません。緑色の鱗を持つドラゴンを見るとホッとするのは、まんが日本むかし話の影響でしょうか。それとも神龍?大きな翼を持っているので、FF2の飛竜と種族が近いやつかもしれません。上空にいるため体のサイズがよくわかりませんが、キングギドラほどではなさそうな印象。まだ、剣でギリギリ戦えるサイズっぽいかな・・・。そんなドラゴンはルーネスたちを見るや勢いよく舞い降りてきて、仲良く対話でも始まればよかったのですが、普通に4人とも拉致されました。...

ミスリルの悔い

目下のところデッシュの捜索をすべき状況なのですが、シドに引きずられるようにカナーンに移動してしまったため、カズスのミスリルの洞窟の謎がまだ解けておりませんでした。こういうのは、非常に気になりますので放置したままドラゴンの住む山に向かうわけには参りません。下手するとミスリルの鉱山の奥には、ドラゴンを何とかするアイテムが眠っている可能性だってあります。というわけで、カズスに戻ってきました。そして、再度家出状態だったレフィアの外出許可を求めて鍛冶屋のタカのところにも寄ってみました。まぁ、ひょっとしたら無断で二度も娘を連れまわしたルーネスですから、金槌での一撃の一つや二つは覚悟はしていたのですが、話してみれば普通に娘思いのお父さんですよ。娘の身が心配だけど、娘が大人になりつつあって、やらなきゃならない使命を持っていることもちゃんとわかっていらっしゃる。単に反発しているだけのレフィアよりずっとしっかりしていますな。いや、お互いに顔が目の前にあると条件反射的に悪態をついてしまうといった関係なのかもしれません。仲のいい江戸っ子のようなもんです。レフィアもタカを心配している素振りをときたま見せたりしますしね。まぁ、とりあえず家出騒動はこれで手打ちってことで、てやんでい。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「ドラゴンの住む山」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: