できるかなファイナルファンタジーでタグ デリラ が指定されているエントリー

割れた結晶

黄色いクリスタルの前にそびえたつ、黄金聖闘士タウラスのアルデバラン、もといロビンマスク、もといゴールドルとの対戦が開始されました。しかし、それほど苦労もなくゴールドルの膝を地面につかせることができました。成金趣味に走った結果、彼の金の鎧はおそらく24K・・・すなわち純金製だったのでしょう。あんなに重宝される金属の金ですが、別段堅いわけでもなく、むしろ展性や延性に富んだ柔らかい素材なので防御用の鎧には間違いなく向きません。ルーネスとイングズの斧やら剣やらでべっこんべっこんにひしゃげたゴールドルさんは「ぐぬぬ・・・お前らなんかに取られるくらいなら・・・」と最後の抵抗を試みます。...

高齢化

やっとのことで下水道の奥に住むデリラばあさんに会え、浮遊草の靴を貸してもらえるところだったのですが、デリラばあさんの投げた靴をキャッチしようとすると横やりが入るのでした。「危ない!下がるのじゃ!」と危険を知らせるその声は明らかに先に洞窟で助けた4人の老人グループでした。もう地上に帰ったものと思っていましたが、まだ何か本物の光の戦士に未練があったのか後ろからついてきていたようです。そのじいさんのしわがれた声に注意をそらされ、浮遊草の靴を地面に落してしまうと、その瞬間靴が爆発しました。衝撃で爆発するということは浮遊草の靴はニトログリセリンのような危険物だったのでしょうか!?イングズがじいさんたちに詰めより、なんでまだここにいるのか問いただすと、なんとさっき助けられたにも関わらず、ルーネスたちが心配になってついてきてくれたとのこと。老婆心という言葉の通り、人は年をとると余計なおせっかいを焼きたくなるものなのでしょうか。しかし、どうやらちょっと事情が異なるようです。デリラばあさんの投げたあの物体は浮遊草の靴なんかじゃなく、単なる爆発物とのこと。以前、この偽物を見たことがあったじいさんたちは、デリラばあさんがルーネスたちにむかってそれを投げつけるのをみて助けてくれたのでした。・・・もうほんとにさっきから「じいさん」とか「ばあさん」とか高齢単語ばかりタイプしてますが、アムルの町のお年寄り元気でやんちゃすぎるでしょ。他の町ではせいぜいジルじいさんみたいな長老役がいるのが関の山で、シドみたいなちょい悪じいさんがいるだけでも随分がんばった方だと思われるのに、アムルったら組体操を組む4人組のじいさんやら、爆発物を投げつけるばあさんやら、奇想天外にもほどがあります。...

下水道と高齢者

アムルの町長・ジルの手引きによって、いざ、町の下水道に潜入ということになりました。中に入ると話に聞いていたとおり、危険なモンスターがたくさんいるようです。きっと不衛生な場所を好むんでしょうね、モンスターって。それにしても、なんだか突然敵が強くなってしまい、渋々レベルを上げながら宿屋と下水道を往復する羽目になりました。なんていうか一斉にジョブチェンジしたのも悪かったのかもしれません。アルクゥはマドラの竪琴とかいう装備品のおかげで無限に防御力をあげられるようになったのですが、火力は微妙ですし、召還魔法を一つも覚えていない幻術師・レフィアさんにいたっては完全にお荷物です。なにより回復薬不在のため、ポーションで乗り切っていたのですが、竜騎士・イングズさんがピョンピョン飛び跳ねている間に他のメンバーが死に掛けるというパターンが何度も続きました。パーティー内でバイキング・ルーネスがこんなにも頼もしかったのは初めてのことかもしれません。...

下水道への鍵

金欲にまみれたゴールドルにエンタープライズ号を鎖で動けないようにされてしまったルーネスたちは、そのごうつくな男の館に向かう必要が出てきてしまいました。しかし、館の前には底なし沼があって進めないとのことでした。それでは、引き続き情報収集を行いましょう。そもそも底なし沼というのは泥状のぬかるみに足がはまって、片足を引き上げようとすると、もう片足に体重がかかってより沈下してしまうという悪循環が原因で体が沈んでしまうのですから、浮力を上げれば沈まないですむのです。ルーネスたちの手元にあるカヌーで浮力を確保する作戦はどうでしょう?沼の粘度にもよりますが、河川ほどの推進力は期待できなそうです。それでは、リニアモーターカーのようにちょっと地表から浮いてしまえばどうでしょう?足がつかないので、底なし沼を完全に無効化できそうです。そして都合のよいことにアムルの町のデリラばあさんという人が持っている「浮遊草の靴」というアイテムがあれば、そのちょっと浮くを実現できるようなのです。これは想像ですが、浮遊草というちょっと浮き上がっちゃう草本があり、それを編んだ靴を履くと体が浮いてしまうのでしょう。細胞壁が風船のような形で、内部に空気よりも軽いガスでも発生するのでしょうか。どんなメカニズムで浮遊するのかわかりませんが、デリラばあさんにお願いしてその靴をお借りしましょう。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「デリラ」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: