できるかなファイナルファンタジーでタグ チョコボの森 が指定されているエントリー

未来日記

空っぽのアーガス城をあとにして、ルーネスたちはアーガス城の西の方へと進路をとりました。ちなみにアーガス城の屋上に水道設備があったので、そこの人工の泉によって体力・魔力ともに回復しました。この時代の「上下水道」がどの程度のレベルの技術が使われていたのか、表面的なところでは4、5階建ての建物の屋上に水を引くことができるぐらいしかわかりません。他の町村でも井戸の設備はみかけた気がします。そういえば川が近くを流れる町ってこれまであったでしょうか?フィールドマップ上では川自体が些細な地形要素なのでよほど大きい川でもない限り描画されていないのかも。とにかく生活必需品の最たるものですから、飲料水をこの世界の人がどのように確保しているのかは、機会があったら考えてみたいところですが、おそらくそんな機会はないでしょう。あー、ブリザドみたいな魔法もあるので、大気中の水分を一度氷結させてから、融解することで水を得ることができるのがこの世界のいいところですよね。クロノトリガーのときは「ウォーター」なんていうそのまんまな呪文もあったけど、本家のFFではまだ未確認です。ちょっと前に「レベルE」っていう冨樫先生の漫画がアニメ化されてたんですけど、その中に「バトルポカリ」っていう便利な呪文があったのが思い出されます。ペットボトル容器に入った飲料が出てくるというその呪文、水道水に何とかベクレルの放射性物質が一時的にみつかって以降、スーパーマーケットで2Lの安いお茶の在庫が品薄になったわが町では非常に貴重です。...

チョコボで一周:後篇

前回、チョコボに乗って空中に浮遊する大陸を一周する旅にでたものの、途中でチョコボの裏切りをうけてやむなく歩いて引き返してきたルーネスたちは、テンションがだだ下がりの状態ではありますが、一周したら古代人の末裔の一人からもらえるご褒美のためにしぶしぶチョコボの森に入り、おのおの好きなチョコボを選択するのでした。とにかくBボタンさえ押さなければチョコボのことでミスすることもないはずですので、右手をDSの機体から放して十字キーだけで大陸を一周するのでした。...

チョコボで一周:前篇

収まったかなと思うと、再び始まる余震たちに気を許せない毎日が続いている東日本です。計画停電中は暗闇で逆転検事2にいそしむ毎日でしたが、今作はこれまで以上に無為につっかえるところがなく、私の御剣検事はスピーディーに事件を解決してくれました。逆転シリーズはキャラクターもさることながら、人語の論理展開や推理という携帯ゲーム機のスペックではおよそ無理な処理をプレーヤーにアウトソースするためのインターフェイスが抜群に優れていると思います。今回の追加機能「ロジックチェス」は時間制限の中で相手を追い詰めていくという演出がすごいゲームにはまってると思いました。次はレイトン教授と成歩堂くんの共演が3DSで決定しているようですね。予告ムービーをみてみたら、二人が反目している感じがかなり興味をそそりました。...

翼の生えたエンジェル

最近、「ディエンビエンフー」という漫画を読みました。ディエンビエンフーというのは、ベトナムの町の名前で、第一次インドシナ戦争を集結させた場所としても世界史の教科書に出てくる地名だと思います。その漫画では、ディエンビエンフーの戦い以降に南北に分断したベトナムのアメリカを交えての内戦が舞台となっています。私は世代的にベトナム戦争を知らないのですが、なんとなくひどい戦争だったというイメージを持ってました。アメリカ兵を苦しめたというブービートラップが少年漫画なんかにもよく登場しますから、その印象が強いのかもしれません。で、ディエンビエンフーの戦い以前からベトナムを率いていた将軍に「ヴォー・グエン・ザップ」という人がいるんですね。世界史の授業中は名前だけ覚えさせられましたが、ベトナム史ではかなり重要人物のようです。そんな彼の名前を漫画で久しぶりに見た瞬間に何かが自分の中でつながりました。 「ボーゲン伯爵」の名前の由来? 自分は、「ボーゲン=暴言」というくだらないネーミングだと勘違いしていましたが、ひょっとしたらベトナムを再統一するのに一役買っているような偉大な人物の名前をいただいていたのかもしれません。なんともはや、あのボーゲン伯爵にはもったいないような。政治家としても軍人としても足元にも及びません。まぁ、最後の最後でブービートラップでヨーゼフの命を奪っていったあたりが、「ボーゲン」姓の意地の見せ所だったのかもしれません。(ボーゲンって姓でいいのだろうか・・・) さて、突然の竜巻の発生にフィン領土が騒然とする中、フリオニールが竜巻消失大作戦の中心人物を買ってでることになってしまいました。もう、フィンの城のすぐ後にまで竜巻が迫っていますので、一刻の猶予もならない状況です。それと同時にあの竜巻の中心には、なんとパラメキアの皇帝が隠れていて、直接竜巻を制御しているのだそうです。これまでやってきた通り、ピンチをチャンスに変えてしまえば、皇帝の首をとることも可能です。とにかく、今は竜巻の中に入る手段を手に入れましょう。 というわけでやってきたのがポフトの町です。もちろんシドの飛空艇が目当てですよ。だって、地上から竜巻に巻き上げられて内部に潜入するなんて、人間には到底不可能ですからね。狙うなら空から。竜巻や台風は目から侵入するのが一般常識です。東京ディズニーシーのアトラクションにもストームライダーという飛行機の乗り物がありまして、キャプテン・デービスの無茶な運転に身を任せて、台風を内側から爆風で消し去るというこれまたとんでもないミッションに参加できるのです。フリオニール内のイメージではそんな感じでかっこよくパラメキア皇帝ごと爆風で全てを無に返すつもりなのでした。 ところがどっこい、ポフトの町に着いてみてびっくり、ここも竜巻によって町・・・というか山のような残骸しか残っていない状況で、中に入ることもできません。飛空艇は一応あるようなんですが、シドが見当たらないためどうすることもできません。無許諾で借りる(窃盗)という行為がこの場合、罪になるのか、ならないのか。緊急事態ですから、裁判で争う余地はあるんじゃないかと思いますよ。ちゃんと日本の刑法にだって「緊急避難」の条項が設けられているじゃないですか。大きな価値を守るためなら、小さな価値を侵害しても罪にならないのです。もしも竜巻で飛空艇が破損してもちゃんと後で弁済しますから、ここは勝手に乗り込んでしまいましょう。もちろん費用の請求先はフィン王国あてでお願いします。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「チョコボの森」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: