できるかなファイナルファンタジーでタグ グルグ火山 が指定されているエントリー

グルグ火山の中

ドラゴンクエストモンスターズJOKERが発売されました。私はドラクエの傍系については、1~8の本編シリーズと比べてそれほどやり込みません。ドラクエモンスターズでいえば、一番作るのがやっかいなモンスターを作ったあたりで終了します。全数値をMAXまで上げるとか、耐性を全部兼ね備えるとかは、あんまり興味が湧かないのでした。プレイスタイルが個人で完結していて、通信対戦プレイをしないのが大きな理由だと思われます。モンスターズをやる人が周りにいないんですよね。その点、Nintendo DS版のJokerではネット対戦もできるそうなので、ひょっとしたら、これまで以上にやり込むことになるかもしれません。ストーリーをおいかけるのが好きなだけで、別に誰かと対戦して遊ぶのは苦手なんですけどね。(負けると悔しいから)DQ9がネットを使うものになるとのことなので、そこら辺の耐性をJokerでつけていきたいと思います。 FF1については、どこまでやり込むか一応考えてあります。ズバリ、「モンスター図鑑コンプ」を目標にプレイしています。これまでFFの知識が自分に不足していた分を補うべく、頑張ってデータを収集していきたいと思います。 さて、LV30になった光の戦士が、グルグ火山に向かうところですよ。 入り組んだ入り江をグルグルとカヌーを漕いで進んで、あぁ、そろそろパドルを持つ手が疲れてきたな、という頃に浅瀬に囲まれた火山が見つかりました。これが火のカオスがいるというグルグ火山でしょう。グルッと水に囲まれた地形ですので、カヌーで火山の麓まで移動しましたが、はてさて、どういった自然現象でこの堀が生まれたのでしょう?火山とカルデラ湖の関係については中学生の頃に地理の授業で習った気もしますが、あんなにきれいに火山を包囲する湖なんてありえるのでしょうか?どうも人為的な臭いがプンプンします。火のカオスを封印するために火山の周りに水を張っているに違いありません。正直、このグルグ火山の規模のほどは知れませんが、この堀の制作には相当な人と時間と資材が必要になったことでしょう。国家レベルのプロジェクトです。古代エジプトの王様がピラミッドを建造したときのように、多くの人の犠牲もあったことでしょう。そこまでして、火のカオスは危険視されているのですね。なんか12人の賢者の誰かも、あいつが復活したら世界が焼き尽くされるみたいなことをいってました。世界がミディアムレアに焼かれる前に、火のカオスを倒しましょう。 火山の内部は案の定、溶岩が流れています。溶岩魔人でも出てきそうな勢いを感じます。ここはジパング、ヤマタノオロチ、バイキルト。はたまた炎のリング、ようがんげんじん。そして、溶岩の上を歩くと各人に1のダメージです。想定の範囲内ですよ。足を突っ込んでも大丈夫な程度の溶岩ってありうるのかどうかわかりませんが、そうでもしないと先に進めませんからね。桃太郎伝説ばりに「ふゆう」でも使えれば別ですがね。そらふゆーん。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「グルグ火山」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: