できるかなファイナルファンタジーでタグ ギサール が指定されているエントリー

鍵がない!

時の神殿の最奥にて台座の上に浮かぶ「ノアのリュート」を発見したルーネス一行ですが、それに気が付いたかのようにリュートが音楽を奏で始めました。自動演奏機能付きの最新楽器の模様です。演奏を一通り終えるとリュートは静かになり、ルーネスのものとなりました。これを使って時の神殿の北に位置するウネのほこらで長いこと眠っているウネさんの目を覚まさせるというのが今後の流れだと思いますが、もしも自動演奏機能がついていなかったら、4人のうち誰が演奏することになったのでしょう。ジョブの熟練度を鑑みれば答えは明白で、吟遊詩人・アルクゥにそのお鉢が回ってくる予定でした。竜騎士、バイキング、幻術師・・・いずれも音楽からは遠いジョブです。普段は竪琴を奏でながら「ファララララー♪」とソプラノボイスで敵を翻弄するアルクゥですが、同じ弦楽器ということでリュートもいけるかもしれません。余談ですが、東京ディズニーランドで開催中の「ミニー・オー・ミニー」というショー中に出てくる吟遊詩人は丁度ノアのリュートみたいな楽器を手に携えていました。観客に向かって何か補助効果を発生させているのかもしれません。...

どとうのひつじ

前回、ドワーフの洞窟を出ていこうとすると、トックルの村から光の戦士に応援要請にきた男が目の前で倒れて、息絶えました。ついに火が放たれてトックルは悲惨な状況に見舞われているとのことで、FF2の大戦艦からの空爆以来の悲しい展開へと続きそうな予感です。みるからに貧しそうなトックルの村をなぜアーガス城の兵士は襲うのでしょう。影で兵士を操っていると思われる大魔術師・ハインの思惑はどこにあるのでしょう。ともかくその伝令役を供養して、一行はギサールに向かいました。(!?)...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「ギサール」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: