できるかなファイナルファンタジーでタグ オーディーン が指定されているエントリー

鍵のかかった部屋

オーディーンを従えた幻術師・レフィア一行は、他にも海底に何かないかとマップ右上の大陸のあたりの怪しそうな湾岸をノーチラスで潜航していきます。でも、特に何も見つかりません。では、そろそろ海底探検も卒業ということでシメの時の神殿に向かいます。その前に少しオーディーンの性能評価を行っておこうと新しい召喚魔法「カタスト」を唱えます。例によってカタストにも攻撃的な効果と戦闘補助的な効果があるようで「ざんげき」は敵全体にそこそこのダメージを、「まもりのひかり」はよくわからないですがリフレクの効果があるそうです。リフレク・・・要するにマホカンタって理解でいいですかね?FFでは語源がリフレックス(反射)だとすれば、ドラクエは「魔法カウンター(逆向き)」という感じだと思います。リフレクの方が入射位置を調整すれば、いろんな方向に跳ね返せそうな印象になりました。多分、斬撃は右手の大きな刀で、守りの光は左手の大きな盾で実現してるんでしょうね。頭の変な角(髪型)を使った攻撃にも期待したいです。そうそう、オーディーンさんは魔法陣の中から登場するときも馬に騎乗してました。人馬一体のキャラクターなんですね。...

カタストロフィ

永い眠りからオーディーンを目覚めさせてしまったルーネス一行にオーディーンが情け容赦なく襲い掛かってきました。馬上から放たれた技は「斬鉄剣」!Wikipedia先生によると「小林康宏」という二代に渡る刀匠の名前が出てきましたが、私が真っ先に思い出すのがアニメ・ルパン三世の石川五ェ門のそれです。刀身で銃弾をはじき返したり、斜体を真っ二つに切り裂いたりやりたい放題のあの名刀です。だけど、コンニャクが切れないという設定が秀逸でした。...

自らを封印した男

海底洞窟に眠るお宝で火力と防御力を上げたルーネス一行は潜水艇ノーチラスでさらに海底を巡航していましたが、そろそろ時の神殿に行っても問題なさそうだろうということでレベルを上げながらサロニア城のある大陸を目指します。すると途中、丁度サロニアの南の海岸あたりでしょうか、洞窟の入り口を発見しました。中に入ると「サロニア地下迷宮」との表示。ん~、そういえばサロニアの誰かがサロニア城には地下施設があるとかなんとか言っていたような記憶がうすらぼんやりあります。確か地上からは入れなかったんじゃないでしょうか?地下水路みたいなマップを通って行くとここにも宝箱が散見されます。ゴーレムの杖、ルーンのベル、イージスの盾、リフレクトメイル、へヴィランスなどを回収しつつ進んでいきます。海底洞窟ではあれだけ厳重にドラゴンゾンビやデスクローに守られていたイージスの盾とリフレクトメイルがここでは簡単に手に入ってしまうなんて、ひょっとしたらまだ来るべきではないところなのかもしれないとも思いましたが、敵モンスターに苦戦するほどでもないので水路沿いに先に進んでいきます。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「オーディーン」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: