できるかなファイナルファンタジーでタグ エンタープライズ号 が指定されているエントリー

元の世界

Nintendo3DSを買ってから、しばらく放置していたのですが、先日やっと開封式を終えました。古いDSユーザーだったので、本体が一回り小さくなり、外装に光沢感が増しました。カメラが二つついていて、立体撮影もばっちりです。視差情報から3Dモデルを作ってくれるようなまだないですかね。3DSの目玉、裸眼立体液晶パネルは視野が限られるので、寝転がってプレイするときだけ難を感じました。立体視自体は使っているうちにすぐに慣れました。写真からMiiを作ったり顔シューティングをやったり、本体についている機能を一通り遊んでから、今はレイトン教授の奇跡の仮面をプレイしています。元々2Dだったレイトン教授がアニメシーンでは書き割りのような描写で立体的に配置され、その他のシーンでは立体モデルをトゥーンシェーディングでアニメ調の絵を立体表示しています。2Dのイラストを3Dモデルにするとどうしてもデフォルメ表現が再現しきれないので、人形劇のような絵になって違和感がでるので、その辺をもっとがんばればいいと私は思ってます。目標はスネオの髪形を全方向から違和感なく描写することですね。観測に応じてふるまいを変える量子のような頂点情報管理を考えてください。>ゲームの偉い人...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「エンタープライズ号」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: