できるかなファイナルファンタジーでタグ エウレカ が指定されているエントリー

最強の剣

エウレカに眠る武器・魔法を探る度もいよいよ佳境です。結局このエウレカが誰が何のために用意したものなのか真相は明言されていませんが、想像力で補っていきたいと思います。エクスカリバーに続いて、今度は「長老の杖」というアイテムがスキュラというモンスターに変化して出てきました。「私の力を超えられればお前たちを認めてやろう!」...

あの伝説の聖剣

「くのいち」にも変身できる幻の魔剣マサムネを携えたルーネスはソウルイーターごっこをしながらエウレカの深部へと向かっていきます。ちなみにエウレカは地下方向に伸びています。ソウルイーターごっこと関係あるのかないのか次のお宝は伝説の聖剣・エクスカリバーでした。きっとCVは子安武人さんのはずです。...

武器庫・エウレカ

ルーネス一行がエウレカを下へ下へと攻略していくと、何やら人工的な形の石で台座が組まれていて、その上に何か輪っかのようなものがありました。何かのアイテムかと思い、手を伸ばしてみると「我を倒して見せよ!」とどこからか声が聞こえ、次の瞬間バトルが始まりました。...

禁断の地

クリスタルタワーに足を踏み入れるや炎の魔人に出会い、4人そろって初めて退治したボスキャラのことなどをひとしきり思い出し、初心に返ったルーネス一行は、眼前に意味ありげな扉を見つけました。扉の前に立つや「な、なんだ!?」とルーネスが自分の手のひらに起こった異変に気がつきます。ルーネスが握りしめていた何かが光を放ち、閉ざされた扉に何かしらの作用を与えているようです。「ドーガがくれた鍵のおかげで道が開いたみたいだ。よし、行こう!」とルーネスはいち早く何が起こったかを理解した模様で、彼の言うことをそのまま受け取れば、ドーガがくれた二本の鍵のどちらかがこの扉を開いてくれたということになります。鍵の一方はこのシルクスの塔に入るためのものでしたので、消去法でこの扉の先にあるものはエウレカということに決まります。今まで名前だけの存在だったエウレカの実体はなんとクリスタルタワーの中にあったのですね。いや、マップを隅から隅まで移動したけどエウレカなんて土地は見当たらなかったので、エウレカへの鍵なんてどこで使うんだよって思ってましたが、ドーガさんはちゃんとご存知だったのです。シルクスの塔に着いたらエウレカにも行く流れになるのは必然なのです。その命を賭して二本の鍵を生成してくれたドーガさんとウネさんにあらためて感謝です。しかし、エウレカの正体は行ってみないことにはわかりません。敵の本拠地にあるくらいですから、ザンデさんサイドとしても手元に置いておきたい何かなのでしょう。なにかザンデ攻略に重要な役割を果たす可能性が高そうです。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「エウレカ」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: