できるかなファイナルファンタジーでタグ アルド が指定されているエントリー

アルドとエメリーヌ

きれいなオープニングムービーに魅せられて、一向にゲームが開始しないFF11ですが、お構いなしに今回もオープニングムービーの続きから丁寧にさらっていきます。前回、FF11の世界「ヴァナ・ディール」における種族間の対立関係についてお勉強いたしましたところ、FFシリーズの流れの通り、「人間」と「モンスター」が敵対関係にあることが判明しました。人間と一言でいってもエルフだのドワーフだのホビットだのも一緒にモンスター退治にあたるこっち側の仲間であるようです。(ただ種族間には微妙な緊張関係もあるらしいですが。)逆にモンスター側にもゴブリン族だったり、オーク族だったり、なんだかんだでいろんな種族がいらっしゃるようですが、そんな複数の集団を闇の王という存在が一つにまとめて人間サイドに攻勢をかけているというのが、ストーリーの背景にあるようです。闇の王が強ければ強いほど、ヒュームとエルヴァーンとガルカとタルタルとミスラの間の結束も強まるというものです。戦争と協調関係が表裏一体であることに気付かされるシチュエーションなのです。 さて、場面は闇の王の軍勢が人間の拠点に仕掛けてきたところでした。人間側の軍事勢力の抵抗もなかなかですが、モンスターはその数にものを言わせて、どうやら民間人にも手を出し始めている模様。通常は戦争とはいえ国際的な取り決めや国家間の約束に基づいて、「農民は殺さない」とか「この地域では戦闘を行わない」とかルールがあるものですが、相手がモンスターの場合、そんなことはお構いなしにやりたい放題やってきそうですよね。仮に戦後、モンスターの部族と対話がもてるようになった場合、非人道的なルール破りについて責任問題に発展して、そこら辺をなあなあに処理しちゃって、将来的にも遺恨を残す感じにならないようにしたいですね。戦後何十年も経ってから、タモガミという名の戦士が論文を発表することになっちゃいますから。 とにかく、戦争に勝つというか、優位な状態で落とし所を見つけて、戦争を終わらせるのが、文化や経済の発展のためです。そんなことをいっている間に、モンスターが民家に侵入してますよ。オープニングの序盤にでていた男の子とそのお姉さんっぽい女の子は、そんな強襲から逃れるように避難所のような岩肌の場所に向かいますが、行きどまりに追い詰められたような状況になります。背後からはモンスターの咆哮。行き止まりには明かりとりの小さな窓が一つ。「アルド」と男の子の名前を呼んで、そこから逃がそうとするお姉さん。無事に脱出を果たした男の子に続こうとするも、お姉さんは背後から迫りくるモンスターに・・・。「エメリーヌ」とお姉さんの名を呼ぶも、あの小さな窓から出てきたのはモンスターの腕だけ。もう気持ちはドラクエ4の勇者です。...

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「アルド」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: